Column (コラム), Design (デザイン)

私たちの生活を劇的に変えたコンピューター〜コンピューターの歴史〜

 

私たちの生活は、過去何百年を見返しても今までにないほど便利で豊かなものになっています。(心が豊かかどうかは置いておいて・・・)

 

さらに世界は小さくなりました。この世界はスモールワイドです。というのも、これまでの世界は情報が世界の差を大きくしていました。そこで生まれたコンピューター。コンピューターが世界を変えたといっても過言ではないのでしょうか。

computer

 

始まりは、1937年の加算器でした

 

Bell Laboratoriesの科学者であるGeorge Stibitzは 「キッチン」テーブルでそれを構築したので、 「モデルK」加算器と呼ばれ、この単純なデモンストレーション回路は、コンピューターの設計にブール論理を適用する概念証明を提供し、1939年にリレーベースのモデルI複合電卓同年、ドイツのコンラッド・ズース(Konrad Zuse)は電話会社のリレーを使ってZ2コンピューターを製作しました。

 

そして、1939年にHP(ヒューレットパッカード)の設立

 

David PackardとBill Hewlettはカリフォルニアのガレージパロアルトに会社を設立しました。彼らの最初の製品であるHP 200A Audio Oscillatorは、エンジニアのためのテスト機器として急速に普及しました。

 

その後、戦争により機械が発達していくのです。皮肉なことに、争いが技術を発達させてきたことは歴史上幾度とありました。

その後、第二次世界大戦後1948年に初のコンピュータープログラム

 

マンチェスター大学の研究者Frederic Williams、Tom Kilburn、Geoff Toothillはマンチェスターの 「Baby」として知られる小規模実験機械(SSEM)を開発しています。「Baby」は、WilliamsとKilburnが開発した新しいメモリ技術をテストするために作られました。これは、コンピューター用の最初の電子ランダムアクセスメモリであったWilliams Tubeとしても知られています。。

 

1950年、商業生産されたコンピューターの1つ

ERA1101の最初の顧客は米海軍でした。ERAによって設計されたがRemington-Randによって構築された1101は、高速コンピューティングを目的とし、初期の磁気記憶装置の1つである磁気ドラム上に100万ビットを保存しました。

 

それから飛んで1961年、IBMが1400シリーズを発表

 

シリーズの最初の1401メインフレームは、以前の真空管技術を小型で信頼性の高いトランジスタに置き換えました。1401台のコンピューターのうち12,000台以上が要求され、そのマシンの成功は特殊なシステムではなく汎用コンピューターを使用する強力なケースとなりました。1960年代半ばまでには、世界のすべてのコンピューターのほぼ半数がIBM 1401でした。

 

そして、1966年HPが。

 

2116AがHPの最初のコンピューターでした。これは、ますます増加するHPのプログラム可能なテストおよび測定製品ファミリ用の多彩な計測器コントローラとして開発されました。多数の標準的な実験器具とインターフェースし、顧客がそれらの機器システムをコンピューター化することを可能にする、と。また、2116AはHPが商用製品で集積回路を初めて使用したことを示しています。

 

はたまた飛んで、1976年に天下のMAC。

 

Apple-1

カリフォルニア州在住のSteve Wozniakが設計し、友人のSteve Jobsが販売しているApple-1は、シングルボードコンピュータです。カリフォルニア州のコンピューターショップであるThe Byte Shopから50組のシステムを注文したところ、Apple Computerという名前の新しい会社が始まりました。約200のボードが販売され、 Apple IIは1年後、すぐに使用できるコンピューター用のコンピューターとして使用されました。これは、およそ20年間、数百万ドルで販売されていたモデルです。

 

Apple-2

メインロジックボード、スイッチング電源、キーボード、ケース、マニュアル、ゲームパドル、ゲームブレイクアウトを含むカセットテープで完売したApple-IIは、これまでAppleのユーザーコミュニティを構成していた趣味のコミュニティをはるかに超えて人気を博しました。カラーテレビに接続すると、Apple IIは当初鮮やかなカラーグラフィックスを制作していました。数百万のApple IIが1977年から1993年の間に販売され、PCの最長生存ラインの1つになっていました。Appleは何千ものApple IIを学校に持ち込み、新しい世代にパーソナルコンピュータへの最初のアクセスを与えたのです。

 

80年代に入ると、加速していきました。

 

 

IBM

IBMのブランド認知度と大規模なマーケティング活動は、パーソナル・コンピュータ(PC)の発表により、パーソナル・コンピューター市場の急速な成長を促しました。正式にはIBMモデル5150と呼ばれる最初のIBM PCは、4.77MHzのIntel 8088マイクロプロセッサをベースにしており、MicrosoftのMS-DOSオペレーティングシステムを使用していました。IBM PCは業界で広く採用された最初のPCになることでビジネス・コンピューティングに革命をもたらしました。IBM PCは広くコピーされ( “クローン化”され)、プラットフォームで使用するためのソフトウェア、周辺機器、および他の商品の広大な「生態系」を作り出しました。

 

APPLE

アップルは1984年のスーパーボウルでテレビコマーシャルをMacintoshに紹介しています。この広告は、Macintoshで見られるパーソナル・コンピューティングのパワーによって、「Big Brother」の破壊を特徴としていました。マッキントッシュはグラフィカルユーザーインターフェイスを備えた最初の成功したマウス駆動型コンピューターで、Motorola 68000マイクロプロセッサをベースにしていました。その価格は2,500ドルでした。

 

PCの会社が設立

1984年、マイケル・デルはテキサス大学の学生である間にPC Limitedを創設しました。本社は、在庫コンポーネントから構築されたIBM PC互換コンピューターを販売していました。デルはビジネスに専念するために学校を中退し、1985年には自社デザインの最初のコンピューターであるTurbo PCを生産し、795ドルで販売しました。1990年代初頭までに、デルはコンピューターの大手小売業者の1つになりました。

 

INTEL

インテルは80486マイクロプロセッサとi860 RISC /コプロセッサチップを発表しました。各チップには100万個以上のトランジスタが搭載されています。RISCマイクロプロセッサには、32ビット整数算術論理装置(加算と減算などの演算を実行するCPUの一部)、64ビット浮動小数点装置、および33 MHzのクロック速度がありました。

 

 

 

 

これらはコンピューターの歴史のほんの一部です。

2000年に突入してから、私たちが見慣れた携帯電話や持ち運べるPCが市場に出てきました。長い人類歴史上において、世界をこんなにも変えたのはほんの100年そこらと考えれば、驚くべき快挙であり人間の能力は未知数であるように感じます。

 

 

コンピューターが世界を変えたようにこれから様々なものが世界を変えていく。

 

じっとしてられませんね。。。

 

 

 

参照: http://www.computerhistory.org/timeline/computers/

 

R designを知る

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中