Column (コラム)

フォロートレードサービス「Moneco(マネコ)」が良さそう。~Designed サービス~

 

これは良さそうだ!! と思ったサービスを見つけました。

 

その名は、仮想通貨特化型フォロートレードプラットフォームMoneco(マネコ)というものです。

(Moneco(マネコ)の前置きが邪魔ですね。笑)

はじめに、企業情報をちょろっと。会社名は少しダサめですが、確か代表の窪田昌弘氏はイケメンだった気がします。 以下参照

 

株式会社Gaia

業種 情報通信

所在地 東京都中央区八重洲1-9-9 東京建物本社ビル5F

代表者 窪田 昌弘

資本金 9,000,000 円

 

 

紹介サイトによれば、

次世代型仮想投資サービスMonecoは、仮想通貨の差金決済取引で利益を出しているトレーダーをフォローすることで、トレーダーと全く同じ注文を全自動且つリアルタイムで行うサービスです、

としています。

(かなりイケてそうじゃないですか?)

 

 

 

最近よくツイッター上でこのような場面をよく目にします。

 

投資家K 「次はこの局面からはロングかな〜」

フォロワー 「ついていきます。」

 

投資家K 「さっきの予想はいい感じ、次は少し様子見てから,,,」

フォロワー 「やっぱすごい!ありがとうございます!」

 

腕利きのトレーダーが自らの注文をオープンにすることで、フォロワーの人たちが真似をして注文するという具合です。

Moneco(マネコ)は、そんな上のような取引を自動で全部やってくれる、というサービスと言えそうです。

 

マネコ-01

 

かなり良サゲなプラットフォームなのでは。

 

まとめると。

・自分の選んだ投資家と同じ取引を。

・確認する必要がなく、全自動で。

・少額の1万円からできる。

・投資家とフォロワーをつなぐプラットフォーム

 

 

 

 

 

ちなみに、

このMoneco(マネコ)というサービスを開始する以前には、『Eve』というアプリの開発に精進していたそうで。

 

『Eve』はパーソナル秘書であり、使用者に、ネット上の膨大な情報のなかから「潜在的にほしいと思っているものだけ」を抽出して提案するアプリ。ユーザーが関心をもたないものは一切表示しないプラットフォームアプリ。

 

代表の窪田氏はあるインタビューにて。

『Eve』はそんな精度の低いプロダクトじゃない。最先端のAI、データサイエンス、行動分析学、コーチング、脳神経科学など国内外の知見を結集。ユーザーが真に求めているものだけを提示するアプリです。これまで自分で調べたり、探したりしていたことが自動化されるから生活は豊かになる。

 

と。かなり強気。商品への愛を感じます。

 

 

『Eve』も気になる方はググって見てください。

 

 

R design を知る。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中