Column (コラム)

【男性注意】日本人を狙った詐欺に注意〜上海旅行〜

 

私が20歳の頃に被害にあった話をします。

中国に旅行へ行ったのですが、最初は上海ではなく蘇州へ旅行しました。

というのは、友人が2人、蘇州に住んでいたので2,3週間1人でぶらり旅に出掛けようと思ったからです。

 

【蘇州〜前置き〜】

私が行ったおすすめスポット

・蘇州古典園林The Classical Gardens of Suzhou
・蘇州博物館Suzhou Museum
・拙政園Humble Administrator’s Garden
・観前商業街Guan Qian Shopping Street
・苏州护城河Suzhou City Moat

 

観光案内サイトではないのでこれらの観光地については記述しないので、興味のある方はググって調べてみてください。

 

【本題〜上海での日本人を狙った詐欺に注意〜】

 

私は蘇州で2週間過ごした後に、友人とお別れをして1人で上海旅行を楽しむことにしました。上海に到着してから初日から散々でした。笑
中国人の友人が取ってくれた宿にチェックインをしに行ったのですが、中国人でないと泊まらせることはできないと言われたのです。しかし、フロントの人は優しい人で他のホテルを紹介してもらえるよう電話をかけてもらい私はすぐにそのホテルへ向かいました。
そのホテルの名前がまた、似たような名前のホテルが近くに2つほどあっておそらくホテルを間違えたのでしょう。フロントで「知らない、わからない」と言われました。笑
しかし、もう歩き疲れていたのでその間違ったホテルに頼んで泊めてもらうことにしました。

そして事件は起きました。
そのホテルに泊まった初日の夜のことです。

私は街にくりでようと思い、必要な分以外の中国元をホテルに置いて裸の元だけを持って出かけることにしました。この海外旅行(や知らない土地)における習慣的な選択がのちの私を少し助けてくれました。

事件が起こったのは、1人で飲み歩いている時に日本語を話せる中国人のおじさんと仲良くなってお別れをした後でした。

たしかな時間は覚えていませんが、ホテルへの帰路でスマホを持ったおばさんが近づいてきて「マッサージどう? こんな感じだよ」的なことをそのスマホを見せながら近寄ってきました。そこにはゴージャスなオイルマッサージを女性が施している動画が。

私は「もうお金ないから帰る」といい続けましたが、50mほどついてきたうえに「〇〇元だけでいい(当時のレートで約3000円) 」と言ってきて、酔っていた私はトコトコついていきました。

絶対についていかないようにしてください。笑
東京のとある街でボッタクられる経験はしていましたが、それをゆうに超える想像を絶する体験だったので。。

そのおばさんが案内したのは怪しいネオンが光る喫茶店のような家のような建物の二階のカラオケボックスのような部屋でした。(この時点で、理性があればすぐ帰っているはず。笑)

案内された後、おばさんがいなくなり、日本語が話せる怪しいおばちゃんが出てきてその後ろに女性が10人ほど出てきました。

「好きな子を選べ」と。そして、お金の請求をされなかったのです。(気付いた時には、時遅し・・・)

女性のマッサージが終わった後に、その女性と入れ替わりで先ほどの日本語おばちゃんが電卓を持ち、戻ってきて「あなたがしたことは日本円でこれくらいよ!」

電卓「260,000」

私は一気に酔いが覚めました。「いや、持ってないです」と言った後に、おばちゃんが出ていき、両腕びっしりに刺青(タトゥー)が入っているゴリゴリのタンクトップを着た男性を2人連れて戻って着ました。

酔いがすっ飛ぶどころか、死を覚悟しました。(それほど20歳の私には恐怖が・・・)

その後、靴・ズボン・靴下を調べられた後に「本当に払えないから」と連呼し続けると、メモ帳に名前と電話番号とホテルの名前をかけと指示されました。

この時、財布をホテルに置きっぱなしで出たことを心の底から喜びたいところでしたが、そんな余裕はありませんでした。

私は、適当な名前と電話番号、そして蘇州で事前に調べていた他のホテル名を書きました。(身分証明書を持ち歩いていなくてよかった・・・)

その後、トイレに行きたいと申し出て、屈強な男の間に挟まれ案内されて階段を下る時に前の男の肩をめがけ避けるように飛びました(10段くらいから)。前の男を抜いた後に太ももを蹴られましたが、いたさなど感じません。アドレナリンなのか、死に際の感覚なのかわかりませんでした。これまでにないくらい人生初の全力疾走をしました。外に人影が全く無いところまで逃げました。

以上です。

 

のちに、友人や上海に詳しい人に聞いたところ日本人を狙ったチンピラみたいな人だったということがわかりました。

 

かなり怖かったので、同じ目に遭わないよう心に言い聞かせてください。
「知らない土地で理性を見失うな。」と。笑

 

筆者についてちょっとだけ見る。

 

R design 代表プロフィール

R designの事業内容

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中